アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

Ryuka+Art / 琉歌とアートのコラボレーション (名嘉睦稔・宮沢和史・仲程長治)

沖縄の定型詩である琉歌とアートの組み合わせで表現する『Ryuka+Art』

Ryuka+Art / 琉歌とアートのコラボレーション
会  期 4月7日(土)-29日(日) / 水・木は休廊します。
入場無料 11:00-19:00
会  場 Island Gallery
東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity


名嘉睦稔 / 版画家 アーティスト

PROFILE | BOKUNEN NAKA

自ら奏でる三線にオリジナルの歌詞をのせて歌を歌うなど、日常的に琉歌には親しんでいる。 裏手彩色木版画とオリジナル琉歌を組み合わせた作品は22年前のものだ。


▼オンラインギャラリーへリンクしています。


宮沢和史 / 音楽家 アーティスト

PROFILE | KAZUFUMI MIYAZAWA

島唄の大ヒット以来、沖縄に深く関わっている音楽家でありアーティスト。写真とオリジナルの琉歌の組み合わせで、音楽家ならではの独特な世界観を創り出している。

▼オンラインギャラリーへリンクしています。


仲程長治 / 写真家 アーティスト

PROFILE | CHOJI NAKAHODO

石垣島出身の写真家・アーティスト。 亡母「光子」の世界感、ヤイマ(八重山)の抒情歌トゥバルマーの歌詞「一週間の唄」をchoji独特の目線とカリグラフで描く我島の唄。

▼オンラインギャラリーへリンクしています。


関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

20186/15

ただいまIsland Galleryに在廊中 / Giovanni Piliarvu

日本に来て12年。日常はイタリア語の先生をしながら、写真家としても精力的に活動している。過去2回の個展では、イタリアを中心にヨーロッパの美し…

20186/11

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『 Vegliando_Palau 』

こんにちは。Island Galleryスタッフのりえです。東京は雨模様ですが、道端の紫陽花がきれいな季節となりました。さて、只今、Giov…

斎藤朱門 写真展『流転する風景 / PROTEAN WORLD』

『I believe the world is incomprehensibly beautiful - an endless pros…

20186/12

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Arrossend_Amaharashi』

こんにちは。Island Galleryスタッフの麻衣です。 現在好評開催中のGiovanni Piliarvu 写真展『Fluire…

藪崎次郎 写真展『1/f Signals』

時に天から雨となり、優しく大地へ降り注ぐ。 時に湧き出で滝となり、優雅に谷を駆け下りる。 時に緩やに渓となり、静かに海へ満ち伝う。 時…

ページ上部へ戻る