アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20117/20

星野道夫 / 祈りの森・再生 海森彩生写真展 7.20-26

>>海森彩生写真展

ゲスト写真家 星野道夫「祈りの森・再生」
 
会  期 | 7/20(水)~7/26(火)
開館時間 | 9:00-16:30 (入館は閉館の30分前まで・火曜は16:00閉館)
会  場 | 明治神宮文化館宝物展示室
施設維持協力金 | 500円
 
+地球交響曲第三番上映 星野直子氏&龍村仁監督 / 7月24日(日)
http://umimori.com/1609
  
+星野道夫オフィシャルサイト
http://www.michio-hoshino.com/
 
星野道夫
1952年、千葉県生まれ。第15回木村伊兵衛写真賞受賞。アラスカの動物・自然人々の撮影を続け、多数作品を発表。1996年にヒグマの事故により急逝。

関連記事

コメントは利用できません。

20176/25

名嘉睦稔木版画展『海山神謡』画業30周年記念

生まれた場所が大気の流れや潮のみちひなど、ダイナミックな自然に囲まれていた。そうした巨大な力は、神が起こすものだと教わって育ちました。大人に…

20176/23

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Timo / Ulassai』

ジョバンニの生まれ島であるサルデーニャの絶景。イタリアでも屈指の美しい島だと言う。目の前の風景とじっくり対話をしながら、そして一瞬の煌めきを…

20176/18

現在最高レベルのオリジナルプリント / Giovanni Piliarvu

今展では A2サイズを中心に展示していますが、ここに写っている4点は A1サイズという割りと大きなプリントをしました。A2以上の作品になると…

20176/20

日本とイタリアの架け橋になりたい。 / Giovanni Piliarvu

日本とイタリアの架け橋になりたいと語るジョバンニ。 現在、イタリアの生まれ島サルデーニャで、日本をテーマにした個展を開催している。そしてI…

20176/21

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Cera / Caccamo』

色の見え方は瞳の色で違うのだろうか。 ジョバンニの写真はどれもが、日本人の仕上げ方とは違うように思う。 このブルーとピンクの絶妙な色彩は…

ページ上部へ戻る