アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

高砂淳二 / いとしの海へ 海森彩生写真展

3月11日、東日本は巨大な津波に飲み込まれました。
私が生まれ育った石巻の実家や街並みも、津波に破壊されてしまいました。
海で育った私は、しばらくやり場のない混乱状態に陥りましたが、
“でもやっぱり海は好きだ”というところに、なんとか落ち着いて行きました。
今回の写真展では、海への新たな感謝と愛情を込めて、
とびっきり美しい海の姿を展示させていただきます。
海と人との新たな素晴らしい関係が築けるよう祈りを込めて・・・。

 

自然写真家 高砂淳二

 

会  期 | 8/17(水)~23(火)
開館時間 | 9:00-16:30 (火曜は16:00閉館・入館は閉館の30分前まで)
会  場 | 明治神宮文化館宝物展示室
施設維持協力金 | 500円

 
 
■■
■ミュージアムトーク / 明治神宮文化館宝物展示室
 
<<南の島のゆかいな生き物たち>>
高砂淳二×坂部多美絵 / 月刊ダイバー 編集長
 
8月21日(日)14:00~15:00
料 金:500円(施設維持協力金)
 
※予約不要 40席ほど椅子をご用意します。立ち見可。
 
 

関連記事

コメントは利用できません。

20176/17

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Bergamotto / Scicli』

今回の写真展は『Isole』イタリアの島々がテーマだ。そしてこれは現時点での一番人気作品となっている『Bergamotto / Scicli…

20176/18

現在最高レベルのオリジナルプリント / Giovanni Piliarvu

今展では A2サイズを中心に展示していますが、ここに写っている4点は A1サイズという割りと大きなプリントをしました。A2以上の作品になると…

20176/20

日本とイタリアの架け橋になりたい。 / Giovanni Piliarvu

日本とイタリアの架け橋になりたいと語るジョバンニ。 現在、イタリアの生まれ島サルデーニャで、日本をテーマにした個展を開催している。そしてI…

20176/20

名嘉睦稔木版画展『海山神謡』画業30周年記念

生まれた場所が大気の流れや潮のみちひなど、ダイナミックな自然に囲まれていた。そうした巨大な力は、神が起こすものだと教わって育ちました。大人に…

Giovanni Piliarvu 写真展 Isole

遠い島、古い島。島の風はいにしえの話を語って、岩肌を刻んで波を動かす。 シチリアとサルデーニャの静かな物語が風景の上に舞い降りると、 …

ページ上部へ戻る