アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

ゲスト写真家 三井公一 / きぼう

 2011年3月11日、未曾有の地震が日本を襲った。大きな揺れと激しい津波、そして人災とも言える原発の事故は、多くの人々と地域に影響を与えた。そして今もなお福島第一原子力発電所の放射性物質は、海と森そして地球を汚染し続けている。
 
 最近また地震が多くないだろうか。揺れを感じるたびに、あの「311」以前に戻りたい、と思う人は少なくないだろう。私もその一人だ。そう、あの日以来、様々なことが大きく変わってしまったからだ。
 
 その全てを変えてしまった、大きな力を感じながら「311」以来撮影を続けている。津波の現場、原発の近く、そして東京と。未来を信じて。
 
*撮影は全てApple iPhone 4によるもので、写真の加工はiPhone Appで行っています。

iPhonegrapher / 三井公一

 
+プロフィール
http://islandgallery.jp/artist/sasurau
 

会  期 | 8/31(水)~9/ 6(火)
開館時間 | 9:00-16:30 (火曜は16:00閉館・入館は閉館の30分前まで)
会  場 | 明治神宮文化館宝物展示室
施設維持協力金 | 500円

関連記事

コメントは利用できません。
二人の坂崎さん

20165/25

ふたりの坂崎さん

自身の作品に映り込む坂崎さんを狙いました。今回のサブテーマである『気配』からアイディアをいただいています。さていよいよ今週末は本丸のNHKホ…

20165/23

坂崎幸之助さんご来廊の巻『カタログカッコイイねぇ。』

本日、閉廊後のIsland Galleryに、坂崎幸之助さんが来廊しました。実はご自身の額装された作品を眺めることが出来るのは、この時だけな…

安斉紗織 彩色写真画展『みるやかなやの花』

安斉紗織 彩色写真画展『 みるやかなやの花』

私は古来より伝わる、海の遥か彼方にある理想郷「みるやかなや」を信じています。そこから琉球の島々に来訪した神々がもたらす豊穣の恵み。こ…

作品紹介 / 坂崎幸之助『なかなか開かないキミの扉』

20165/19

作品紹介 / 坂崎幸之助『なかなか開かないキミの扉』

一枚の写真と書にしたためた短い言葉が、額装によってひとつの作品になる書写真。もしかしたら先人がいらしたのかもしれないけど、書写真という単語も…

坂崎幸之助書写真展 / 僕のモノクローム 静寂の音

坂崎幸之助書写真展 / 僕のモノクローム 静寂の音

『白黒の写真ってぇナンカわからないけどぉ、フ・イ・ン・キ・あるよねぇ~』なんて若い声を聞きます。ある人は、モノクロームの方が物事の真実や本質…

ページ上部へ戻る