アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

ゲスト写真家 三井公一 / きぼう

 2011年3月11日、未曾有の地震が日本を襲った。大きな揺れと激しい津波、そして人災とも言える原発の事故は、多くの人々と地域に影響を与えた。そして今もなお福島第一原子力発電所の放射性物質は、海と森そして地球を汚染し続けている。
 
 最近また地震が多くないだろうか。揺れを感じるたびに、あの「311」以前に戻りたい、と思う人は少なくないだろう。私もその一人だ。そう、あの日以来、様々なことが大きく変わってしまったからだ。
 
 その全てを変えてしまった、大きな力を感じながら「311」以来撮影を続けている。津波の現場、原発の近く、そして東京と。未来を信じて。
 
*撮影は全てApple iPhone 4によるもので、写真の加工はiPhone Appで行っています。

iPhonegrapher / 三井公一

 
+プロフィール
http://islandgallery.jp/artist/sasurau
 

会  期 | 8/31(水)~9/ 6(火)
開館時間 | 9:00-16:30 (火曜は16:00閉館・入館は閉館の30分前まで)
会  場 | 明治神宮文化館宝物展示室
施設維持協力金 | 500円

関連記事

コメントは利用できません。

坂崎幸之助書写真展 / 50年目のギター

中学入学と同時に、それまで貯めていた小遣いを握りしめて銀座のYAMAHAに向かった。初めての僕のギターを手に入れるために。それまでにも何とな…

20175/17

作品紹介 / 坂崎幸之助『産まれた時から』

Twitterではお知らせしましたが、すでに完売作品が2点あります。 『人生50年なんて 昔の話。こちとらギター人生50年』と『小さなオー…

20175/19

作品紹介 / 坂崎幸之助『いつも傍らで』

今回ご紹介するのは『いつも傍らで聞いてくれた 綺麗な胸の少女の面影』です。元野良猫ちゃんとギター、もう坂崎さんのファンにとってはたまらない組…

20175/28

作品紹介 / 坂崎幸之助『各駅停車だったけど』

さて、会期は今日と明日を残すのみです。最後にご紹介するのは『各駅停車だったけど 確実に目的地に向かっていた僕ら』です。 このギターケースに…

安斉紗織 彩色写真画展『さくら』

心はなぜ桜に魅せられるのだろう。世代を超えて、受け継がれ、大切にされてきた桜への想いが、これからも続いてゆきますように。万葉のころに想いをは…

ページ上部へ戻る