アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

南島写真家 宮内喜和写真展~SPIRITUAL ISLAND 八重山~

 八重山に通うようになって20年余り。訪れるたびに変わりゆく島の風景を目にし、美しい・気持ち良いを自分のフィルターを通して記録にすることにしました。
 何度目かの旅路で、ある島の御嶽(ウタキ)を巡る機会があり、その時、教えていただいた、それぞれの島にまつわる歴史や神事を知り、島で感じる独特の空気感や、漠然と見ていた美しい自然の営みが、霊的な物の中にあることに気づかされました。以来、私は島の風景の中に精霊たちを探してシャッターを切っています。
 今回の写真展『SPIRITUAL ISLAND 八重山』で、私が感じた島の精霊たちを、みなさまと共有出来れば幸いです。

南島写真家 宮内喜和

 

SIGMA SD1で撮影した圧倒的な解像力で切り撮る風景は、八重山ならではのスピリチャルな世界感も、一緒に写し出されているかのようです。
 
場 所 | IslandGallery 東京都中央区京橋1-5-5 B1
会 期 | 2011年10月1日(土)-10日(月)
    | 会期中無休 open 11:00-19:00
協 力 | マルマン株式会社 Canson Infinity

☆オープニングレセプション / 終了しました
 10月1日(土) 18:00 Start
 
作家来場 | 平日は午後より在廊しています。

 
 
PROFILE

宮内喜和 / YOSHIKAZU MIYAUCHI
南島写真家

1962年 岡山生まれ
学生時代よりカメラを始め、社会に出てから数多くのイベントやテレビ番組・撮影の仕事をし、その後、飲食業のプロデュースなどを経て、現在、フリーで仕事をしながら、年に数回作品撮りのために島へ通う。

+使用機材
SIGMA SD1 / SIGMA SD15

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (6)

    • Kouji Terada
    • 2011年 9月 26日

    始めまして、寺田と申します。
    永年通われてこそ感じえたことを写真という記録に収められ続けている事に感銘を受けます。 オープニングレセプションにて是非、お話を伺いたいと思います。
    当日お会いできる事を楽しみにしております。
                                      早々

      • Island Gallery
      • 2011年 10月 08日

      Kouji Terada様

      先日はオープニングレセプションにお越しいただき
      ましてありがとうございました。
      またお待ちしております。

    • yuka
    • 2011年 9月 26日

    はじめてコメントします。

    沖縄の八重山大好きです!

    ちょうど、東京へ行くのでぜったい見にいきたいです。

      • Island Gallery
      • 2011年 10月 08日

      yuka様

      コメントありがとうございます。
      八重山好きの方にはぴったりの写真展ですので
      ぜひお越しください。お待ちしております。

    • Akitosh Kanoda
    • 2011年 10月 07日

    2011年10月7日(金)

    昨日Island Galleryに伺い写真を拝見しました。主な撮影地は竹富島。また宮内先生から直接話しを伺う事も出来ました。
    敢えて今年の台風にぶつけて竹富島を訪れたそうです。台風時でないと巡り合えない特別な自然の精霊を捜されたそうです。
    一枚一枚の写真を拝見していると、精霊を探そうとする先生の情熱が伝わって来ます。台風渦中に顔を覗かせた一瞬の鮮やかな竹富島の自然は、直接拝見しないと伝わって来ません。
    皆さん是非Island Galleryを訪ねて下さい。10日までです。
    宮内先生は物静かですが、大変気さくで、情熱を内に秘めた方です。是非先生と直接お話しをして見て下さい! 私は全くの素人です。

      • Island Gallery
      • 2011年 10月 08日

      Akitosh Kanoda様

      素敵なコメントありがとうございます。
      宮内先生もご感想を見てとても喜んでおりました。
      近くにお立ち寄りの際はまたぜひお越しください。

コメントは利用できません。

20176/25

名嘉睦稔木版画展『海山神謡』画業30周年記念

生まれた場所が大気の流れや潮のみちひなど、ダイナミックな自然に囲まれていた。そうした巨大な力は、神が起こすものだと教わって育ちました。大人に…

20176/23

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Timo / Ulassai』

ジョバンニの生まれ島であるサルデーニャの絶景。イタリアでも屈指の美しい島だと言う。目の前の風景とじっくり対話をしながら、そして一瞬の煌めきを…

20176/20

日本とイタリアの架け橋になりたい。 / Giovanni Piliarvu

日本とイタリアの架け橋になりたいと語るジョバンニ。 現在、イタリアの生まれ島サルデーニャで、日本をテーマにした個展を開催している。そしてI…

20176/21

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Cera / Caccamo』

色の見え方は瞳の色で違うのだろうか。 ジョバンニの写真はどれもが、日本人の仕上げ方とは違うように思う。 このブルーとピンクの絶妙な色彩は…

20176/18

現在最高レベルのオリジナルプリント / Giovanni Piliarvu

今展では A2サイズを中心に展示していますが、ここに写っている4点は A1サイズという割りと大きなプリントをしました。A2以上の作品になると…

ページ上部へ戻る