アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20133/17

名嘉睦稔木版画展 展示作品のご紹介 / 「月夜の浜口」

こんにちは。Island Gallery店長のさおりです。東京では例年より早く桜開花宣言が出ました。お花見は来週が見頃でしょうか。楽しみです。

さて、Island Galleryで開催中の名嘉睦稔木版画展「人魚の恋」~ふたつの人魚夜話より~展示作品より『月夜の浜口』をご紹介します。こちらは2003年に出版された版画絵本『紅逢黒逢の刻』第一話『人魚夜話』の為に制作された作品で、絵本の最初のページに登場する満月が印象的な作品です。浜辺へと降りる道が、そのまま海に浮かぶ月の路へと続いています。物語の主役の二人が出会う、満月の晩を描いています。

むかし むかし 望の月夜 冬のことだった

遠く潮は引き下がり
海鳴りは干瀬の裏にこもって 静かになった
風は死に絶え
月明かりは いよいよ煌々として
昼のようだった

名嘉睦稔『人魚夜話』より

数年前にボクネンさんの生まれ島である伊是名島へ行った時、ちょうど満月でした。月明かりに照らされ、景色が青く浮き上がって見え幻想的だったのを思い出しました。伊是名島で少年時代を過ごしたからこそ、満月や三日月、草の間から見た月などさまざまな月が作品に登場するのでしょうね。ボクネンさんが月を見て感動した気持ちが伝わって来るようです。

+オンラインショップギャラリー

BOKUNEN_ONLINE

+名嘉睦稔木版画展「人魚の恋」~ふたつの人魚夜話より~

3月9日(土)~23日(土)※会期中無休
OPEN 11:00-19:00

  • 名嘉睦稔木版画展 展示作品のご紹介 / 「月夜の浜口」 はコメントを受け付けていません。
  • ETC
  • ,

関連記事

コメントは利用できません。

柴田 祥 写真展 / 津軽再考(再構)

この度、2019年5月に写真集「津軽再考」が出版となりました。 出版を記念しまして柴田祥写真展「津軽再考(再構)」を開催いたします。 2…

20196/18

作品紹介 / 柴田 祥『 黄昏 』

こんにちは。店長の麻衣です。 好評開催中の柴田祥写真展『津軽再考(再構)』から、今日は私が特に好きな作品を紹介させていただきます。 …

Giovanni Piliarvu 写真展『Vette 頂』

山は魅力的な存在である。 そびえ、守り、圧倒的である。 雄大であり、季節、時間ごとに姿を変える。 安息の場を与えるが厳しく冷酷である。…

20196/17

作品紹介 / 柴田 祥『 地吹雪 』

こんにちは。仁です。 現在Island Galleryでは、柴田 祥氏の写真集出版記念として『津軽再考(再構)』が好評開催中です。 …

藪崎次郎 写真展 -f-

feel, fine, fantastic, freedom, and forever. 時に幻想的で雅。時に現実的で厳。 未来永劫つづ…

ページ上部へ戻る