アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

名嘉睦稔木版画展「人魚の恋」~ふたつの人魚夜話より~

ボクネンさんが幼い頃におばあちゃんから聞いた「人魚の伝説」を元に描いた作品を中心に、初公開の新作も含め30点程展示いたします。

実は、25年に渡る名嘉睦稔の画業の間に、人魚を描いたシリーズが二つあります。最初は木版画を始めて間もない1992年に制作された『人魚夜話シリーズ』こちらは、海人に恋をする人魚の姿が生き生きと描かれています。そしてその後、2003年に出版された版画絵本『紅逢黒逢の刻』第一話『人魚夜話』の為に再び人魚の作品を制作します。満月の夜に浜辺で、海人と人魚娘が出会う場面から始まる、切ない恋物語が描かれています。

ふたつの人魚夜話より、名嘉睦稔の描く世界をどうぞお楽しみください。

名嘉睦稔木版画展「人魚の恋」~ふたつの人魚夜話より~
3月9日(土)~23日(土)※会期中無休
OPEN 11:00-19:00

Island Gallery
東京都中央区京橋1-5-5 B1
tel / 03-3517-2125

+木版画家 名嘉睦稔プロフィール

BOKUNEN_ONLINE
オンラインショップギャラリー連動企画開催中

【関連サイト】
+ボクネン版画絵本 紅逢黒逢の刻  / 「人魚夜話」のご紹介

関連記事

コメントは利用できません。

20174/15

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 二十景』

日本では最大級の蝶であるオオゴマダラが、二羽で寄り添うように舞っている。 そんな情景から、以下の琉歌が詠まれました。 三十景の琉歌のうち…

坂崎幸之助書写真展 / 50年目のギター

中学入学と同時に、それまで貯めていた小遣いを握りしめて銀座のYAMAHAに向かった。初めての僕のギターを手に入れるために。それまでにも何とな…

20174/18

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 九景』

やはり琉歌と写真の組み合わせだからなのでしょうか。みなさまの滞在時間がとても長いのが今展の特徴です。ひとつひとつの作品に向き合い、琉歌をじっ…

20174/20

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 二十四景』

あまりたくさんの作品紹介をしてしまうと、来廊してくれた人の楽しみが半減するといけませんので、これで最後にいたします。 さて、来廊してくださ…

20174/16

宮沢和史さんとIslandGalleryスタッフ

昨日土曜日の閉店間際に、宮沢和史さんが来廊しました。 ご自身の作品をじっくりご覧になりながら、スタッフにレクチャーしてくれました。 そし…

ページ上部へ戻る