アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

名嘉睦稔木版画展「人魚の恋」~ふたつの人魚夜話より~

ボクネンさんが幼い頃におばあちゃんから聞いた「人魚の伝説」を元に描いた作品を中心に、初公開の新作も含め30点程展示いたします。

実は、25年に渡る名嘉睦稔の画業の間に、人魚を描いたシリーズが二つあります。最初は木版画を始めて間もない1992年に制作された『人魚夜話シリーズ』こちらは、海人に恋をする人魚の姿が生き生きと描かれています。そしてその後、2003年に出版された版画絵本『紅逢黒逢の刻』第一話『人魚夜話』の為に再び人魚の作品を制作します。満月の夜に浜辺で、海人と人魚娘が出会う場面から始まる、切ない恋物語が描かれています。

ふたつの人魚夜話より、名嘉睦稔の描く世界をどうぞお楽しみください。

名嘉睦稔木版画展「人魚の恋」~ふたつの人魚夜話より~
3月9日(土)~23日(土)※会期中無休
OPEN 11:00-19:00

Island Gallery
東京都中央区京橋1-5-5 B1
tel / 03-3517-2125

+木版画家 名嘉睦稔プロフィール

BOKUNEN_ONLINE
オンラインショップギャラリー連動企画開催中

【関連サイト】
+ボクネン版画絵本 紅逢黒逢の刻  / 「人魚夜話」のご紹介

関連記事

コメントは利用できません。

20176/25

名嘉睦稔木版画展『海山神謡』画業30周年記念

生まれた場所が大気の流れや潮のみちひなど、ダイナミックな自然に囲まれていた。そうした巨大な力は、神が起こすものだと教わって育ちました。大人に…

20176/20

日本とイタリアの架け橋になりたい。 / Giovanni Piliarvu

日本とイタリアの架け橋になりたいと語るジョバンニ。 現在、イタリアの生まれ島サルデーニャで、日本をテーマにした個展を開催している。そしてI…

20176/23

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Timo / Ulassai』

ジョバンニの生まれ島であるサルデーニャの絶景。イタリアでも屈指の美しい島だと言う。目の前の風景とじっくり対話をしながら、そして一瞬の煌めきを…

20176/18

現在最高レベルのオリジナルプリント / Giovanni Piliarvu

今展では A2サイズを中心に展示していますが、ここに写っている4点は A1サイズという割りと大きなプリントをしました。A2以上の作品になると…

20176/21

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Cera / Caccamo』

色の見え方は瞳の色で違うのだろうか。 ジョバンニの写真はどれもが、日本人の仕上げ方とは違うように思う。 このブルーとピンクの絶妙な色彩は…

ページ上部へ戻る