アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20133/22

名嘉睦稔木版画展 展示作品のご紹介 / 「呼ぶ」

呼ぶ

こんにちは。Island Gallery店長のさおりです。東京はすっかり桜が咲いて華やいでいます。銀座からIsland Galleryのある京橋へと中央通りを歩く途中にも大きな桜があり見頃を迎えています。

さて、Island Galleryで開催中の名嘉睦稔木版画展「人魚の恋」~ふたつの人魚夜話より~展示作品より『呼ぶ』をご紹介します。こちらは2003年に出版された版画絵本『紅逢黒逢の刻』第一話『人魚夜話』の為に制作された作品です。サバニと呼ばれる沖縄の船に乗った漁師のシルエットと彼への想いを募らせた人魚が描かれています。ロマンチックな一枚です。

三日 三晩 人魚娘は 心ここにあらず
八日 九日 嘉真羅は 漁が手につかず
十昼 十夜 人魚娘は 切なくて涙がこぼれ
朔日 望日 嘉真羅は 胸が裂けそうになった

つのる想いは恋になっていた

名嘉睦稔『人魚夜話』より

あと1日の開催となりました。皆様のお越しをお待ちしております。こちら以外の展示作品もオンラインショップギャラリーよりご覧頂けます。じっくりと作品をご覧ください。

+オンラインショップギャラリー

BOKUNEN_ONLINE

+名嘉睦稔木版画展「人魚の恋」~ふたつの人魚夜話より~

3月9日(土)~23日(土)※会期中無休
OPEN 11:00-19:00

  • 名嘉睦稔木版画展 展示作品のご紹介 / 「呼ぶ」 はコメントを受け付けていません。
  • ETC
  • ,

関連記事

コメントは利用できません。

坂崎幸之助書写真展 / ふわっと is this ~ハイキーな一日

フィルムで撮っていた時代の話しですが、露出オーバーのため出来上がった写真が真っ白にとんでしまうことがあった。当然これは意図的なものではなく単…

20184/14

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 十五』

私が敬愛する三人のアーティストにご参加いただいた『Ryuka+Art / 琉歌とアートのコラボレーション』ですが、今回はなぜこの三人だったの…

20184/17

作品紹介 / 仲程長治『 泡花 』

こんにちは。Island Gallery店長の理恵です。只今、「Ryuka+Art / 琉歌とアートのコラボレーション」展を好評開催中です。…

20182/19

ギャラリースタッフ募集(画廊求人) / Island Gallery

Island Galleryで一緒に働いてみませんか? アート・写真が好きで、新しい可能性にチャレンジしたい方のご応募をお待ちしています。…

Giovanni Piliarvu 写真展『Fluire~時の流れ』

遠い異国の地に思いを巡らせる時 今いる国との大きな違いを思い浮かべる けれども自然と人間の関係は変わらない 自然から恩恵を受け一緒に生…

ページ上部へ戻る