アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

カテゴリー:ETC

20176/23

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Timo / Ulassai』

ジョバンニの生まれ島であるサルデーニャの絶景。イタリアでも屈指の美しい島だと言う。目の前の風景とじっくり対話をしながら、そして一瞬の煌めきを…

20176/21

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Cera / Caccamo』

色の見え方は瞳の色で違うのだろうか。 ジョバンニの写真はどれもが、日本人の仕上げ方とは違うように思う。 このブルーとピンクの絶妙な色彩は…

20176/20

日本とイタリアの架け橋になりたい。 / Giovanni Piliarvu

日本とイタリアの架け橋になりたいと語るジョバンニ。 現在、イタリアの生まれ島サルデーニャで、日本をテーマにした個展を開催している。そしてI…

20176/20

名嘉睦稔木版画展『海山神謡』画業30周年記念

生まれた場所が大気の流れや潮のみちひなど、ダイナミックな自然に囲まれていた。そうした巨大な力は、神が起こすものだと教わって育ちました。大人に…

20176/18

現在最高レベルのオリジナルプリント / Giovanni Piliarvu

今展では A2サイズを中心に展示していますが、ここに写っている4点は A1サイズという割りと大きなプリントをしました。A2以上の作品になると…

20176/17

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Bergamotto / Scicli』

今回の写真展は『Isole』イタリアの島々がテーマだ。そしてこれは現時点での一番人気作品となっている『Bergamotto / Scicli…

20176/10

彩色写真画家 安斉紗織

モデルさんではありません。美しすぎる彩色写真画家 安斉紗織です。いやぁ、この『美しすぎる』と言う枕詞もどうかと思いましたが、ちょっと使用して…

20176/9

安斉紗織 / 夢桜

前ポストからのつづきです。 さて彩色写真画 安斉紗織は、なぜカラー写真をわざわざモノクロにして、再度カラー化をするのか? 実は彼…

20176/8

作品紹介 / 安斉紗織『祝桜』

『彩色写真画』ってなんですか? こんな疑問が寄せられている。 元々は明治時代にまだカラー写真が登場してなかった時に、モノクロ写真を鮮…

20176/5

彩色写真画家 安斉紗織『さくら展』開催中

Island Galleryのスタッフとして10年、そして後半は店長として頑張っていた安斉紗織。2015年9月、彩色写真画家として初個展を開…

ページ上部へ戻る