2015
03.19

名嘉睦稔木版画展 / 展示作品紹介『礁原の空』

ETC

こんにちは。Island Gallery店長のさおりです。ただいま、Island Gallery 5周年記念「名嘉睦稔木版画展 未来への贈り物」を開催中です。展示作品より、久しぶりに海の中を描いた作品「礁原の空」をご紹介します。実は1メートル四方の大作で、珍しいコバルトブルーの彩色が美しく印象的です。透明度の高い海の中を泳ぐ魚たちが生き生きと描かれています。

海の中なのに空?と、不思議なタイトルがついています。調べてみると礁原とは、干瀬になると浅場になるあたりのサンゴ礁を指すようです。ボクネンさんが追い込み漁している時にふと見上げた風景かもしれません。まるで一緒に海の中を泳いでいるような気分になります。

実はこの作品は近くで見るより、離れて見るとより立体的に見えて来るから不思議です。ただの白い帯のようなものや、黒い影が海の世界を演出し始めるのです。ボクネンさんはその事を「作品を脳が補完する」と話しています。ぜひ本物を見ていただきたい大作です。

名嘉睦稔木版画展 未来への贈り物 / Island Gallery 5周年記念

会  期 3月14日[土]-28日[土] Open11:00-19:00
会  場 Island Gallery
東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
入場無料 会期中無休

名嘉睦稔オンラインギャラリー
Online Gallery BOKUNEN NAKA

コメントは利用できません