2018
02.26

作品紹介 / 安斉紗織『祝花』

ETC

言われなければ写真をベースにしていることなど、まったく気が付かないだろう。安斉紗織がこの彩色写真画という技法を始めた当初は、輪郭と少しだけの色を入れる、どちらかと言えば、まだ写真としてのテイストが強かったのだが、回を重ねるごとに、彩色の自由度が増してきて、よりファインアートに変化している。その為か被写体となった実際の花が、作家の手により、一層の輝きを増しているように思う。

そしてこの『祝花』、タイトルの通りなんともゴージャスですよね。枯れないお花。お部屋にいかがでしょうか? / Hideo Ishijima

安斉紗織 彩色写真画展『 百花繚乱』
会  期 2018年2月23日[金]-3月4日[日] 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity

コメントは利用できません