アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20166/8

作品紹介 / 安斉紗織『千紫万紅』

リアルな花の写真をあえてモノクロームに現像し、手彩色を施す意味はどこにあるのだろうか。女子美では絵画とデザイン、そして写真も勉強していた経歴からすると、今のスタイルは、ごく普通の事だったのかもしれない。
昨今のデジタルカメラはどんどん進化して、簡単に高精細な写真が撮れる。それをあえてグレースケールに変換し余分な情報をカットする。そして作家が感じた色、イメージした色を、時には繊細に、時に大胆に色付けされた画面からは、デジタルでは味わえない、やわらなかで上品な作品になる。もはやこれはアートなのだ。 / Hideo Ishijima

会期は今週12日[日]までです。
そしてこんな楽しげなことも始まりました。

アフタヌーンティータイム / 平日限定
6月7日[火]-10日[金] 14:00-16:00

美味しいお飲物とスイーツをご用意しております。午後のひと時をゆったりとおしゃべりを楽しみながら、ご一緒できれば嬉しいです。みなさまのご来廊を心よりお待ちしております。

安斉紗織 彩色写真画展『 みるやかなやの花』
会  期 2016年6月3日[金]-12日[日] 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1
     phone / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity
     フランス菓子 エリティエ

※全日作家在廊します。

関連記事

コメントは利用できません。

栗田ゆが 写真展『Sea Change』

一瞬を撮ることはできても永遠を撮ることはできない。ならば、せめて一晩だけでもよいから写真に残したい。 そう思って海に来た。やがて夜が明け日…

安斉紗織 彩色写真画展『 百花繚乱』

美しさ、和らぎ、祝福を与えてくれる花々。 ひとりひとり、一つ一つ、花開き、 羽ばたいてゆけますように、 想いをこめて絵筆を取りました。 安…

20181/23

宮沢和史さんご来廊の巻

本日、夕方に宮沢和史さんが来廊しました。額装された自身の作品を見るのは初めてなので、ひとつひとつを入念に鑑賞されていました。写真と琉歌(書)…

20181/23

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景~光 十四』

展示作品よりご紹介いたします。 ~琉歌~ 君の肩を抱く 雨傘になろう 命朽ちようと 風を受けむ   ~よみがな~ きみのかた…

20181/26

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景~光 二十七』

展示作品よりご紹介いたします。 ~琉歌~ いづれ視野は暮れ 滅びゆく世界 君の声だけが 闇の手引き   ~よみがな~ いづれ…

ページ上部へ戻る