アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20133/6

ボクネン版画絵本 紅逢黒逢の刻  / 「人魚夜話」のご紹介

紅逢黒逢の刻こんにちは。Island Galleryスタッフのりえです。3月に入り、暖かい日が増えて来ましたね。ギャラリーのある京橋は陽射しが心地よく穏やかな陽気です。

さて、今週末3月9日(土)から名嘉睦稔木版画展「人魚の恋」~ふたつの人魚夜話より~が始まります。本日はそれに先駆けて、ボクネンさんが「人魚シリーズ」を描くきっかけにもなったボクネン版画絵本『紅逢黒逢の刻』より、第一話『人魚夜話』をご紹介します。この物語は、ボクネンさんが幼い頃におばあちゃんから聞いた「人魚の伝説」を元に自身の言葉で書き下ろしたものです。印刷は当時の最先端技術を駆使し、色の忠実性にこだわり抜いています。現代でもここまでのクオリティーの絵本はなかなか作れないというほど、製作に関わった人たちの想いがたくさんつまった贅沢な一冊です。

『人魚夜話』は海人と人魚の切なく神秘的な恋のストーリーです。ボクネンさんの色鮮やかな作品がより物語を美しくを見せてくれます。透明感の中にも力強さをもった不思議な魅力に私はとても惹きつけられました。島に漂う空気や人魚の恋に心踊る気持ち、そういった言葉以上の何かが伝わってくるようでした。大人の方にもおすすめです。
物語の一文をご紹介します。

胸の高鳴りは
どうしても抑え切れない
我を忘れて見ているうちに
夜も白みはじめた
人魚は 人間に見られてはならない 「人魚夜話」より

今回の展覧会ではこの絵本で使用している原画も展示致します。
皆様のお越しをお待ちしております。

+紅逢黒逢の刻 ボクネン版画絵本

第一話「人魚夜話」2,500円(税込)
第二話「蜘蛛の精」2,500円(税込)
紅逢黒逢の刻 2冊セット愛蔵版 5,000円(税込)

+名嘉睦稔木版画展「人魚の恋」~ふたつの人魚夜話より~

3月9日(土)~23日(土)※会期中無休
OPEN 11:00-19:00

  • ボクネン版画絵本 紅逢黒逢の刻  / 「人魚夜話」のご紹介 はコメントを受け付けていません。
  • ETC

関連記事

コメントは利用できません。

2017 Island Gallery三人写真展 / Three Photographers Emerge 2017

Island Galleryが注目している未来のスター写真家、三人にスポットを当て、彼らが日々撮りためた作品から、選りすぐりを展示販売いたし…

山本謙治写真展 / 大根百景

 宮崎県宮崎市の田野町は、日本一の干し大根産地だ。一般的な青首大根とは違い、漬物にするための白首大根と呼ばれる細く長い大根を栽培し、太陽と山…

柴田 祥 写真展 / 津軽再考

津軽を題材とした写真を撮影してきた約6年半という歳月のなかで一つまた一つと無くなっていく景色。撮り溜めてきた写真はいつしかこの地の記録と記憶…

20179/23

作品紹介 / 柴田 祥『カルマ』

柴田祥写真展『津軽再考』もいよいよ明日24日までとなりました。展示作品の中から、三たび、わたしのお気に入りの作品を紹介させていただきます。 …

20179/8

山本高裕写真展BGM / 究極の自然音 八重山~神々が集う場所~

なかなかたどり着けない海岸だった。地図のとおりに進むと、海岸を直下に見ながら通り過ぎてしまう。何度か往復した後に、思い立って近くの漁港に入っ…

ページ上部へ戻る