アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20133/6

ボクネン版画絵本 紅逢黒逢の刻  / 「人魚夜話」のご紹介

紅逢黒逢の刻こんにちは。Island Galleryスタッフのりえです。3月に入り、暖かい日が増えて来ましたね。ギャラリーのある京橋は陽射しが心地よく穏やかな陽気です。

さて、今週末3月9日(土)から名嘉睦稔木版画展「人魚の恋」~ふたつの人魚夜話より~が始まります。本日はそれに先駆けて、ボクネンさんが「人魚シリーズ」を描くきっかけにもなったボクネン版画絵本『紅逢黒逢の刻』より、第一話『人魚夜話』をご紹介します。この物語は、ボクネンさんが幼い頃におばあちゃんから聞いた「人魚の伝説」を元に自身の言葉で書き下ろしたものです。印刷は当時の最先端技術を駆使し、色の忠実性にこだわり抜いています。現代でもここまでのクオリティーの絵本はなかなか作れないというほど、製作に関わった人たちの想いがたくさんつまった贅沢な一冊です。

『人魚夜話』は海人と人魚の切なく神秘的な恋のストーリーです。ボクネンさんの色鮮やかな作品がより物語を美しくを見せてくれます。透明感の中にも力強さをもった不思議な魅力に私はとても惹きつけられました。島に漂う空気や人魚の恋に心踊る気持ち、そういった言葉以上の何かが伝わってくるようでした。大人の方にもおすすめです。
物語の一文をご紹介します。

胸の高鳴りは
どうしても抑え切れない
我を忘れて見ているうちに
夜も白みはじめた
人魚は 人間に見られてはならない 「人魚夜話」より

今回の展覧会ではこの絵本で使用している原画も展示致します。
皆様のお越しをお待ちしております。

+紅逢黒逢の刻 ボクネン版画絵本

第一話「人魚夜話」2,500円(税込)
第二話「蜘蛛の精」2,500円(税込)
紅逢黒逢の刻 2冊セット愛蔵版 5,000円(税込)

+名嘉睦稔木版画展「人魚の恋」~ふたつの人魚夜話より~

3月9日(土)~23日(土)※会期中無休
OPEN 11:00-19:00

  • ボクネン版画絵本 紅逢黒逢の刻  / 「人魚夜話」のご紹介 はコメントを受け付けていません。
  • ETC

関連記事

コメントは利用できません。

20195/20

作品紹介 / 坂崎幸之助『色っぽい一日だった』

一日のうちにほんの数分だけ訪れる美しい時間。 忙しい毎日を過ごしていると気が付かない。 こんな光景を見逃すなんてもったいないですよね。 …

坂崎幸之助書写真展 / マジカルミステリーアワー

夜は苦手だけど夜の入り口は嫌いではない。むしろ心魅かれる時間帯でもある。この短い時間を表す日本語には美しい言葉がたくさんある。「夕間暮れ」「…

アキラ・タカウエ 写真展 コンセプチュアル・アーバンスケープⅡ

構造工学と景観理論に基づく論理的な「コンポジション」、 コンセプトが魅せる「都市風景の異空間表現」、 この対偶となる二つの世界が理想的に…

20195/19

作品紹介 / 坂崎幸之助『ホタルは棲んでいないけど』

昨日から始まりました『坂崎幸之助書写真展 / マジカルミステリーアワー』。初日からたくさんの方にご来廊いただきました。本日も朝から賑わってい…

柴田 祥 写真展 / 津軽再考(再構)

この度、2019年5月に写真集「津軽再考」が出版となりました。 出版を記念しまして柴田祥写真展「津軽再考(再構)」を開催いたします。 2…

ページ上部へ戻る