アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

名嘉睦稔木版画展『海山神謡 海の神』画業30周年記念

生まれた場所が大気の流れや潮のみちひなど、ダイナミックな自然に囲まれていた。そうした巨大な力は、神が起こすものだと教わって育ちました。大人になって科学的なものの見方を身につけても、絵を描く時には、原始的な自然観が身の内に観ていて、神々の姿が浮かんできます。 / 名嘉睦稔


名嘉睦稔が本格的に木版画を始めて今年30 周年となります。制作された作品は延べ2,000点を超え、どれも生命力に満ち溢れ、見るものに感動を与え続けています。Island Galleryではメモリアルとして、会期を前期『海の神』と後期『山の神』の二回に分けて展示いたします。

▶PROFILE | BOKUNEN NAKA 名嘉睦稔

名嘉睦稔木版画展『海山神謡 海の神』画業30周年記念

会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1
前  期 海の神
会  期 7 月11日(火)-7月25日(火)

関連記事

コメントは利用できません。

名嘉睦稔木版画展『芽吹く満開の春空』

暖かな風が吹き、命が咲き誇り、神々の祝福を感じる季節がやってきました。名嘉睦稔の描く世界には、目ではとらえきれない存在や色彩が歌い踊り、見る…

20194/19

作品紹介 / 名嘉睦稔『大仁眺望』

こんにちは。Island Gallery店長の麻衣です。 本日から始まった名嘉睦稔木版画展『芽吹く満開の春空』は、ボクネンさんの描く美しい…

20194/20

作品紹介 / 名嘉睦稔『梅の香り』

こんにちは。Island Gallery店長の麻衣です。本日は急遽ボクネンさんの在廊が決まり、私達スタッフも朝から嬉しく、楽しみにしています…

坂崎幸之助書写真展 / マジカルミステリーアワー

夜は苦手だけど夜の入り口は嫌いではない。むしろ心魅かれる時間帯でもある。この短い時間を表す日本語には美しい言葉がたくさんある。「夕間暮れ」「…

ページ上部へ戻る