アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20179/18

作品紹介 / 柴田 祥『雪白夢』

こんにちは、Island Galleryスタッフの麻衣です。現在開催している柴田祥写真展「津軽再考」から、わたしのお気に入りを紹介させていただきます。

唯一認識できる電柱が道しるべのように淡々と並ぶホワイトアウト寸前の景色。雪国ならではの白い脅威と畏怖を感じながらも、タイトルのように、どこか夢の中に己が置かれているような感覚を覚え、引き込まれます。

本日も作家在廊日となっております。
ぜひお越しくださいませ。

柴田 祥 写真展 / 津軽再考
会  期 2017年9月16日[土]-24日[日] open 11:00-19:00
入場無料 会期中無休
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1
     phone / 03-3517-2125
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity


作家在廊日
9月16日(土)・17日(日)・18日(月)・23日(土)・24日(日)

関連記事

コメントは利用できません。

20184/21

作品紹介 / 宮沢和史『琉宮百景 二十三』

こんにちは。Island Galleryスタッフの麻衣です。「Ryuka+Art / 琉歌とアートのコラボレーション」展も残すところあとわず…

藪崎次郎 写真展『1/f Signals』

時に天から雨となり、優しく大地へ降り注ぐ。 時に湧き出で滝となり、優雅に谷を駆け下りる。 時に緩やに渓となり、静かに海へ満ち伝う。 時…

20182/19

ギャラリースタッフ募集(画廊求人) / Island Gallery

Island Galleryで一緒に働いてみませんか? アート・写真が好きで、新しい可能性にチャレンジしたい方のご応募をお待ちしています。…

坂崎幸之助書写真展 / ふわっと is this ~ハイキーな一日

フィルムで撮っていた時代の話しですが、露出オーバーのため出来上がった写真が真っ白にとんでしまうことがあった。当然これは意図的なものではなく単…

Giovanni Piliarvu 写真展『Fluire~時の流れ』

遠い異国の地に思いを巡らせる時 今いる国との大きな違いを思い浮かべる けれども自然と人間の関係は変わらない 自然から恩恵を受け一緒に生…

ページ上部へ戻る