アーカイブ

© Island Gallery All rights reserved.

20159/4

作品紹介 / 安斉紗織『Lokahi 融合』

本日初日を迎えました『安斉紗織 彩色写真展 マナ紬ぎ』から一枚紹介します。今展の彩色写真とは、デジタルカメラで撮影した写真をモノクロームに現像しプリントしたあと、直接絵筆によって彩色しています。限定部数はありますが、厳密に言うと一枚一枚がオリジナル作品となります。

写真に関してのキャリアは、女子美術大学で写真学を専攻し、暗室で銀塩プリントも体験しています。Island Galleryに勤務していた10年間も、写真についての研究と勉強を重ねてきました。そして美大で鍛えられた画家としての技術とセンスで、直接モノクロームの写真に絵筆で彩色を施すという技法を始めました。

明日、明後日とイベントもあります。ぜひオリジナルの彩色写真を見にいらしてください。作家は全日来廊しています。みなさまのご来廊をお待ちしています。

安斉紗織 彩色写真展『マナ紬ぎ』
会  期 9月4日[金]-13日[日] open 11:00-19:00
会  場 Island Gallery
     東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125
入場無料 会期中無休
協  賛 マルマン株式会社 Canson Infinity
作家在廊 全日14:00~


__関連イベント________________________

Tea Party
9月5日 15:00 Start 参加自由 入場無料
土曜の午後をIsland Galleryで過ごしませんか。

安斉紗織 彩色写真展 YouTube Live 2015
9月6日[日] 14:00-15:00 / 参加自由 入場無料
安斉紗織 彩色写真展 YouTube Liv 2015

関連記事

コメントは利用できません。

20176/18

現在最高レベルのオリジナルプリント / Giovanni Piliarvu

今展では A2サイズを中心に展示していますが、ここに写っている4点は A1サイズという割りと大きなプリントをしました。A2以上の作品になると…

20176/21

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Cera / Caccamo』

色の見え方は瞳の色で違うのだろうか。 ジョバンニの写真はどれもが、日本人の仕上げ方とは違うように思う。 このブルーとピンクの絶妙な色彩は…

20176/20

日本とイタリアの架け橋になりたい。 / Giovanni Piliarvu

日本とイタリアの架け橋になりたいと語るジョバンニ。 現在、イタリアの生まれ島サルデーニャで、日本をテーマにした個展を開催している。そしてI…

20176/25

名嘉睦稔木版画展『海山神謡』画業30周年記念

生まれた場所が大気の流れや潮のみちひなど、ダイナミックな自然に囲まれていた。そうした巨大な力は、神が起こすものだと教わって育ちました。大人に…

20176/23

作品紹介 / Giovanni Piliarvu『Timo / Ulassai』

ジョバンニの生まれ島であるサルデーニャの絶景。イタリアでも屈指の美しい島だと言う。目の前の風景とじっくり対話をしながら、そして一瞬の煌めきを…

ページ上部へ戻る